第15回 2011年 新築部門 優秀賞
第15回 入賞作品 作品一覧
戻る次へ

【作品名】 カイダンダンノイエ
■ 設計/原浩二建築設計事務所
■ 施工/株式会社御船組
■ 竣工日/2011年9月21日
[建物概要]
■ 建設地/島根県松江市
■ 敷地面積/220.72m2
■ 建築面積/93.69m2
■ 延床面積/132.84m2
■ 構造・規模/木造二階建て
[設備面の特記]
■ 厨房機器
・IHクッキングヒーター
■ 給湯機器
・エコキュート
■ 冷暖房機器
・壁掛型ハウジングエアコン
設計コンセプト
敷地は新たな区画整理により宅地造成がおこなわれた大規模なニュータウンの一画。ハウスメーカーの住宅が多い中にポツンとあるこの家は、プライバシーの確保と地域との関わり、そして家族同士のコミュニケーションを軸において計画をすすめた。通常、居間とキッチンをワンルームとし、吹抜けを設けて1階と2階をつなぐというベーシックなプランを思い描くことは容易だがより一体感を強調できるようにと考え、キッチン〜居間〜2階と自然につながって行くように、少しずつ床のレベルをかえ、最終的に居間と2階のレベル差を1.4mに抑える事ができた。吹抜けやワンフロアーという概念ではなく、デッキテラスやガレージ、中庭といった外構も含めて床のレベル差による立体的つながりが生まれ、1階と2階という概念をなくすことができた。IHクッキングヒーターとエコキュートの採用はもちろん、南面の大きい開口に対しては庇を出しキッチンの出窓も庇としての機能をもたせた。また住宅エコポイントを採用し、サッシをLOW-Eガラスとすることで夏場の熱負荷の軽減をはかり、断熱材も省エネ等級4の基準値をクリアする高性能の断熱材を使用している。
平面図
平面図
審査委員講評
一見、外に対して閉じられた「ハコ」のような印象を持ってしまいますが、よくよくみると建物の正面、側面の塀?壁?の一部がほどよくぬけています。ただし、このぬけたところからは建物内部の様子は微妙に見えない仕掛けになっています。建物内部の計算された床の高低差の設定も含め、設計の力を感じます。
第15回 入賞作品 作品一覧
戻る次へ