お使いのブラウザを更新してください。

Internet Explorer 8.0以下でご覧いただくと正常にページが表示されません。
最新のバージョンにアップデートしてご覧ください。

暮らしのサポートについて停電・災害ガイド

停電・災害ガイド

台風が接近したとき気をつけることは?

家の周りのものが飛ばされないようにしっかり固定しましょう

テレビやラジオなどの台風の接近情報をよく聞き、事前に家の周りを点検しましょう。
アンテナや看板などは強風によって飛ばされやすいもの。電柱や電線にかかり、停電の原因になることもありますので、あらかじめしっかり固定しておきましょう。植木鉢や物干し竿なども、片づけておくことをお忘れなく。
雨・風が強くなったら、家の中など安全な場所で、待機しましょう。

家の周りのものが飛ばされないようにしっかり固定しましょう

家電製品を雷から守ろう

落雷があると、家電製品(電子レンジ・炊飯器・テレビなど)が故障する場合があります。
落雷から家電製品を守るには、あらかじめ機器のプラグを抜き、電気の通り道をシャットアウトしておきましょう。テレビアンテナケーブル・電話線なども抜いておくと、より安心です。

近くで雷が鳴っている場合は、プラグを抜くこと自体が危険な場合もありますので、ご注意ください。

家電製品を雷から守ろう

雷情報をチェックしよう

中国電力では、電力設備の運用・保全を行うため、中国地方における雷の発生状況を専用の装置で24時間リアルタイムに収集・監視しています。
そこで収集した雷情報を、お客さまにもご利用いただけるよう、ホームページで公開しています。ぜひ、お役立てください。