お使いのブラウザを更新してください。

Internet Explorer 8.0以下でご覧いただくと正常にページが表示されません。
最新のバージョンにアップデートしてご覧ください。

暮らしのサポートについて停電・災害ガイド

停電・災害ガイド

大きな揺れを感じたときまずどうすれば?

揺れがおさまったのを確認してから、分電盤のブレーカーを切りましょう

ぐらっときたら、まずは身の安全を確保しましょう。
揺れがおさまったあと、分電盤のブレーカーを切り、アイロンやドライヤーなどの熱器具のスイッチを切って、コンセントからプラグを抜きましょう。また、避難するときも、電気の消し忘れによる事故・火災を防ぐために、分電盤のブレーカーを切るのを忘れずに。日ごろから漏電遮断器や安全ブレーカーの位置を確認しておくと、いざというときにあわてずにすみます。

災害時に火災につながるおそれのある機器

揺れがおさまったのを確認してから、分電盤のブレーカーを切りましょう

電気機器の安全をチェック

揺れがおさまったあと、再び電気機器を使用する場合、屋内配線と電気機器の安全を確認しましょう。
見た目は壊れていなくても、中が損傷している場合もありますので、しっかりチェックを。

家電製品のチェックポイント

  • 転倒、落下の形跡はないか
  • 水がかかった形跡はないか
  • 製品から異常な音や臭いはしないか
  • 電源コードや電源プラグが損傷してないか

異常を感じたら、必ず電気店などで点検してもらい、安全を確認してから使用しましょう。

切れた電線に近づかないでください

台風や地震によって切れたり垂れ下がった電線は、感電のおそれがあり大変危険です。絶対に触ったり、近づいたりせずに、中国電力カスタマーセンターまでご連絡ください。