Energia | 中国電力
こんなに変わったんです!

1日の電気の使われ方

イモトさん出演テレビCM

この約20年間で、電気の使われ方が大きく変わりました。
さて、どう変わったのか?まずはテレビCMをチェック!

1日の電気の使われ方グラフ

発電量

(注)上図の発電量カーブは1年間の平均であり、夏季は15時前後がピークとなっています。

3つのポイント!約20年の変化

太陽光発電の設置拡大
2012年7月の「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」以降、太陽光発電の設置が大幅に拡大し、昼間時間帯は太陽光発電による電気の自家消費量が増加し、電力需要が減少しています。
省エネの進展
家庭で使われる電気の約4割は、冷蔵庫・照明器具・テレビ・エアコンで使われていますが、これらの家電製品の省エネルギー性能は、近年大幅に向上しています。
電気給湯機の普及
電化住宅の普及拡大とともに、電気給湯機の契約口数は100万口を突破しており、夜間時間帯の電力需要が増加しています。

キャラクター紹介

ナチュラルイモト

自然エネルギーの妖精。太陽光、水力、風力などをつかさどる再生可能エネルギーの象徴として循環型社会の実現に向け、エネルギッシュに活動。
時に、エレクトリカルイモトと協力し、社会で必要な電気エネルギーを作り出すことも。

エレクトリカルイモト

電気エネルギーの妖精で、電気の象徴。
人々の快適で便利な暮らしを支える頑張り屋さん。
エコキュート、エアコンで利用されるヒートポンプは、ナチュラルイモトとの共同作業。

変わっていく“社会”を、変わらない“安心”と新しい“快適”で支えていく。中国電力