お使いのブラウザを更新してください。

Internet Explorer 8.0以下でご覧いただくと正常にページが表示されません。
最新のバージョンにアップデートしてご覧ください。

エアコン等について知りたいLED照明の上手な選び方

LED照明の上手な選び方

まずは、口金を確認

LED電球を取り替えるときは、まずは口金を確認しましょう。
口金とは、電球の根元の金属製の部分のことで、照明器具によって大きさが異なりますので注意が必要です。代表的な大きさでは、「E26口金」や「E17口金」があります。

まずは、口金を確認

用途や器具に適した大きさや形を選ぶ

主な用途では、一般照明用とスポット照明用に分けられ、用途や照明器具によって、大きさや形が異なります。
誤った種類のものを選ぶと、期待する明るさが得られないことがありますので、使用する器具や用途を事前に調べ、最適なものを選びましょう。

用途や器具に適した大きさや形を選ぶ

明るさの違いに要注意!

LED照明から放出される光の量は、ルーメン値(lm)で表され、数値が大きいほど、明るくなります。使用する場所や目的に合わせて、明るさを選ぶ際の目安にしてください。
下表の同じ行で選べば、白熱電球や電球形蛍光ランプと同等の明るさが得られます。なお、高齢者には、1ランク上の明るさが奨励されていますので、配慮が必要です。

明るさ(照明効果)比較

光の広がり方を確認

LED電球は、光の指向性が強いため、口金の逆側が明るくなりやすく、口金側の明るさが弱いタイプのものもあります。
買い替えの際には、光の広がり方についても確認しておくほうがよいでしょう。

光の広がり方を確認

お部屋に合わせて、色を選ぶ

蛍光ランプと同様に、LED照明にも何通りかの光色が用意されています。通常、一般白熱電球相当の光色である「電球色(相当)」と、白い色味の「昼白色」があるので、設置する場所やお部屋の雰囲気などに合わせて選びましょう。