第16回 2012年 山口県 審査委員特別賞
第16回 入賞作品 作品一覧
戻る次へ

【作品名】 センターホール『光庭』のある家
■ 設計/有限会社 玉井工務店
■ 施工/有限会社 玉井工務店
■ 竣工日/2012年12月11日
[建物概要]
■ 建設地/山口県下関市
■ 敷地面積/220.29m2
■ 建築面積/75.35m2
■ 延床面積/128.35m2
■ 構造・規模/木造2階建て
[設備面の特記]
■ 厨房機器
・IHクッキングヒーター
■ 給湯機器
・エコキュート
■ 冷暖房機器
・エアコン
設計コンセプト
この住宅を計画する土地は、周辺に3階建ての住宅やアパート、マンション等が密集した住宅地だった。外部からの視線はしっかりと遮り、自然光と風をしっかりと家の中に取り込める家にする為に提案したのが「光庭」である。
外と中の空間を連続させる事で、家族の気配と自然の気配が感じられ、また時には空間を閉鎖的にし、コントロールする事で個々のプライバシーも守られる家へと変化する。光庭は家族に程良い距離感を与えてくれている。日常の生活に緑を取入れ、自然と共存できる豊かさを味わって欲しかったため、この住宅には光庭の他にも植物を生育させ、豊かさを形成している。
緑少ない街中に建つ家。しかし、この家だけは家の中に自然があり、住む人に癒しと季節感を与えてくれている。近隣との関係の中で唯一切り離して考えたくなかった事がある。それは建物の裏に実家があるという事だ。実家は1階が店舗、2階3階が居住スペースとなっていてご両親は2階に住んでおられる。
平面計画の中で実家側に子供部屋を配置し、唯一外に向けて窓を大きく確保した理由には孫とおじいちゃん、おばあちゃんとのコミュニケーションを重要視したかったからである。クライアントの要望のヴォリュームを一つ一つ整理しながら、この土地環境とクライアントにとって必要だった「光庭」のある家が生まれたのではないだろうか。
平面図
平面図
第16回 入賞作品 作品一覧
戻る次へ