第16回 2012年 新築部門 優秀賞
第16回 入賞作品 作品一覧
戻る次へ

【作品名】 O-HOUSE
■ 設計/向山徹建築設計室
■ 施工/橋本建設 株式会社
■ 竣工日/2011年5月31日
[建物概要]
■ 建設地/広島県広島市
■ 敷地面積/198.12m2
■ 建築面積/102.51m2
■ 延床面積/148.38m2
■ 構造・規模/木造2階建て
[設備面の特記]
■ 厨房機器
・IHクッキングヒーター
■ 給湯機器
・エコキュート
■ 冷暖房機器
・エアコン
・電気フィルム式床暖房
設計コンセプト
広島の中心にほど近い住宅地である。準防火地域で周囲の住宅が近接した環境であり、特に南側には隣地いっぱいに3階建がせまって建っていた。それぞれの住宅の狭間からの陽光や風の導き、プライバシーへの考慮、駐車スペース3台の確保、そして、万が一の災害時の防火対策などを同時に解決する住宅のかたちを模索した。
【台形をスライドさせたかたち】全体は二つの台形平面が南北にずれるかたちで向かい合っている。それぞれが「茶の間」や「ラウンジ・ライブラリー」などの公的な空間、個室・サニタリー・納戸などの私的な空間に分かれ、中央に位置する玄関・階段などのジャンクション部で連結されている。
【スライドで生まれた空間】台形平面のずれによって隣地との間に生まれる小さな空間が、それぞれ奥庭・西庭・来客用駐車スペースとなり、近隣との関係を融和し、狭間からの光と風を室内に導いている。
【防火要素】木造の構造躯体の外側に大きな空気層のある外襞をつくり、台形の平面を東西から大きく覆った。風雨から木部を保護すると同時に、準防火地域における防火壁として機能する。その結果、袖壁や格子など多くの襞を持った建築となり、隣家からの視線をさりげなくかわしながら、奥行きのあるたたずまいを醸し出している。
平面図
平面図
審査委員講評
周辺への配慮、居住環境、施主の意向、法規制等の条件に対して、どれ一つおろそかにすることなく、明快な構成と、練られたディテールで応えた作品。
壁が大切に扱われ、光は壁を洗うように、風も壁に添って流れるような空間がつくられています。ズレによって内外がからみあい、建築と庭という関係でなく、全体で一つの住環境がつくりだされています。
第16回 入賞作品 作品一覧
戻る次へ