第15回 2011年 島根県 審査委員特別賞
第15回 入賞作品 作品一覧
戻る次へ

■ 設計/
  株式会社
  TEAM STUDIO ARCHITECTS
■ 竣工日/2011年5月25日
[建物概要]
■ 建設地/島根県雲南市
■ 敷地面積/466.76m2
■ 建築面積/210.87m2
  (改装部分:60.18m2
■ 延床面積/全体:328.21m2
  (改装部分:55.20m2
■ 構造・規模/木造平屋建て
[設備面の特記]
■ 厨房機器
・IHクッキングヒーター
■ 給湯機器
・エコキュート
■ 冷暖房機器
・薪ストーブ
・エアコン
設計コンセプト
この建物は、昔からの町屋(長屋)であり大きく四つの建物で形成されている。今回は、中央の二つの建物が古くなったことと、それに合わせて30代のご夫婦がお母さんと同居をするための住居を建てたいとの依頼であった。母屋側の建物には趣きのある茶室が存在していた。茶道がご趣味であった施主の祖母が生前つくられたものだと言う。そこで家族の集まるスペース(土間)をつくり茶室と繋ぐことで、家族が日常的に茶室を意識し、日常としての使用を可能にするよう計画した。元々、茶室を日常的に使用していた祖母の想いが、若いご夫婦にも受け継がれていく為に、茶室への距離感を無くすことを目指した。(単に新しい間取りにするのではなく、そこにもともと在った事で生まれる新しい空間)その土間部分は、茶室の持つ存在感に負けない空間を自然素材(塗り壁、石盤、木)の持つ素材感によって作り出した。そして、外部に目を向ければ、通り庭と土間から茶室を通して見える中庭の風景が違和感なく溶け込み、空間に一体感と奥行きを与えている。その土間部分に薪ストーブを採用することで、自然素材(塗り壁・石盤・木)へと蓄熱され、土間・茶室をやわらかく暖めていく。更に、薪ストーブを切った後も蓄熱された自然素材からゆっくりと熱を放出していくため、しばらく暖かい。
平面図
平面図
第15回 入賞作品 作品一覧
戻る次へ