第14回 2010年 山口県 審査委員特別賞
第14回 入賞作品 作品一覧
戻る次へ

【作品名】 バタフライハウス
■ 設計/土居建築工房
■ 施工/有限会社重村建設
■ 竣工日/平成22年2月20日
[建物概要]
■ 建設地/山口県岩国市
■ 敷地面積/272.03m2
■ 建築面積/102.09m2
■ 延床面積/77.65m2
■ 構造・規模/木造 一部鉄骨造
[設備面の特記]
■ 厨房機器
・IHクッキングヒーター
■ 給湯機器
・エコキュート
■ 冷暖房機器
・エアコン
・電気式床暖房(ヒートポンプ温水式)

設計コンセプト
敷地は南東側2.5m下がった道路を挟み、川、山が眺望できる自然の環境の中にあります。家族構成は、夫婦と子供1人であり、施主は50代半ばで将来の高齢化に備え、日々の家事動線を最小限にできることを条件に平家建の計画としました。南東面にLDKを配置、前面ガラス面の開口とすることで、川、山、空、光、風の自然を室内に取り込むように考え、車いすの対応や通風の確保のため、建具は引戸としました。各部屋へはリビング、ダイニングから直接入り、玄関スペースは納戸の役割を持たせることで床面積を最小限に抑えました。外部壁は、周辺の環境を考慮し、板張りに自然塗料仕上げとモルタル塗り素地仕上げとし、内部床は、ならフローリング無垢材に蜜蝋ワックス仕上げ、壁は吸水性のある素材で室内の湿度調整をしてくれる建材MDFボード素地仕上げとしました。天井は照明(LED)の反射面とするため、プラスターボードEP(白)塗り仕上げとすることで省エネルギーに配慮。構造は駆体が木造、軒下をガラス面とし、屋根は鉄骨造とした混構造です。また、両サイドの耐力壁部分を収納として利用し、内部空間を広くしました。設備は、環境にやさしいエコキュート(床暖房機能付)を採用し、リビング、ダイニングは温水式床暖房を設置しました。軒下ガラス面からやわらかな自然光が回り込み、曇りの日や外が暗くなっても照明を付けずにすむよう省エネルギー効果を期待し、夜は照明によって天井をバタフライに浮かびあがらせています。
平面図
第14回 入賞作品 作品一覧
戻る次へ