第13回 2009年 島根県
審査委員特別賞
第13回 入賞作品 作品一覧
戻る次へ
重岡 幸太
有限会社重岡工務店
【作品名】コミンニョロの家
■ 設計/重岡美弥子建築プランニング
■ 施工/有限会社重岡工務店
■ 竣工日/平成20年8月1日
[建物概要]
■ 建設地/島根県出雲市
■ 敷地面積/1001.00m2
■ 建築面積/412.26m2
■ 延床面積/677.41m2
■ 構造・規模/木造2階建
[設備面の特記]
■ 厨房機器
・IHクッキングヒーター/パナソニック KZ-CS32B
・食器洗乾燥機/リンナイ RKW-402A
■ 給湯機器
・電気温水器/パナソニック DH-37G2Z
■ 冷暖房機器
・ルームエアコン/ダイキン S40HTNNP S22HTNS
■ その他設備
・モニターホン・外断熱工法・ペアガラス・ウォシュレット付暖房便座・各住戸専用倉庫
設計コンセプト
アパートの屋根には11の煙突。名前にもある‘コミンニョロ’とは、イタリア語で‘煙突’の意味。イタリア・フィレンツェでは煙突の数が多いほど、その家庭が裕福であるといわれることにヒントを得て、入居者に満足していただけるように、 アパートを『コミンニョロの家』と名付けた。
コミンニョロの家は無垢フローリングなど、木材をふんだんに使用。湿気が多い時期は湿気を吸い、乾燥した時期は排出して結露の発生を抑えるといった木の 調湿性を生かし、健康的で快適な空間を作り出した。
2LDK及び1LDKについては、寝室以外の居室を全て南面に面させることで、より多くの採光を確保。風通りがいいように、窓は2面に取っている。通風がいいと建物も傷みにくくなる。また、オール電化・外断熱工法・ペアガラスで、省エネルギーにもしっかり対応。建物自体の断熱性を高め、ペアガラスや外断熱工法を採用することで窓や床などからの熱損失を低下させ、一定の室温を長時間保つことができる。その結果、エアコンなどの運転時間が短縮され、光熱費も節約できる。
平面図
第13回 入賞作品 作品一覧
戻る次へ