第12回 2008年 新築部門
優秀賞
第12回 入賞作品 作品一覧
戻る次へ
●設計/有限会社CASA建築計画 
●施工/橋本建設株式会社
●竣工日/平成19年9月26日
[建物概要]
●建設地/広島県広島市
●敷地面積/68.60m2
●建築面積/42.23m2
●延床面積/106.00m2
●構造・規模/木造3階建(軸組工法)
[設備面の特記]
●厨房機器
・IHクッキングヒーター/パナソニック CH-HS6CTY-N
・食器洗い乾燥機/パナソニック MFD1J1-45SF1V2PS1-N
●給湯機器
・電気温水器/三菱 SRT-4668CFUDM-BL
●冷暖房機器
・ルームエアコン/ダイキン S50HTPP-W
平面図
設計コンセプト
中心部からほど近い住宅地に夫婦、子供一人、祖母の2世帯住宅を計画したもので、初期の段階から敷地の狭さもあって柱状の建物が出来上がることが想像できた。また敷地の前面はポンプ場となっており、視覚的にも広範囲から抜けができていることから、前面に大きな開口を持ってくることはできるだけ避けたかった。しかし単純に柱状の建物に2世帯が住むとなると、各層ごとで生活領域が完結してしまいがちである。そこで1〜3層を貫く抜けをつくり、各層での存在感を感じることができるようにした。抜けにはそれぞれずらしながらデッキを設け、居室の面積の狭さを補う。またその抜けにより前面に中間領域が設けられ、そこからの採光、通風を確保できるつくりとした。これにより、外部に向けて熱負荷の大きい開口を設けなくて済むことから、熱効率の良い内部空間をつくることができ、さらに防犯性も同時に確保することができた。
建築面積が大きく取れないものの、あえて大きな抜けをつくることにより、家庭内のつながりも内部と外部の関係もうまく解決できたと実感している。
第12回 入賞作品 作品一覧
戻る次へ