第10回2006リフォーム部門
佳作
入賞作品一覧
BACK NEXT

木村 孝憲  リビングキムラ
作品名 / K HOUSE
設計/リビングキムラ 施工/リビングキムラ 平成18年10月20日
■建物概要
建設地/山口県山口市 敷地面積/321.25m2 建築面積/79.46m2
延床面積/109.27m2 構造・規模/木造2階建

作品写真

作品図面

■設備面の特記
●厨房機器
・IHクッキングヒーター/ナショナル KZ-MS32B
・食器洗い乾燥機/ナショナル VJS47EW1
・電気オーブンレンジ/ナショナル VJS40EE11
●給湯機器
・エコキュート/ナショナル HE-37K3Q
■その他設備面の特記
・ナショナルバスi-Uキモチ浴1717
・TOTO便器ネオレスト
■設計コンセプト
築年数35年の木造住宅。
定年を迎えるご夫妻は、より豊かで安心して過ごせる家づくりにむけてリフォームをされることになりました。
「キッチンスペースを明るく、広くしたい」
「水まわりを快適に過ごせる空間にしたい」
「使いやすく機能的な収納がほしい」
「オール電化で、より省エネにしたい」
「バリアフリーでより安全な生活をしたい」
「構造耐久性の不安を解消したい」
という幾つかの要望がありました。
ご夫婦が家で過ごす時間をより心地よい場にするため、ソフト面を中心とした生活提案からの改装計画がはじまりました。
寝転がって本を読みたくなるような温かく、ゆったりとした空間をイメージして。
リビングでは、床に座ってくつろぐことの多いクライアントの生活スタイルにより、肌触りのよい、うずくり加工された桐ムク材のフロアを使用することになりました。温かさ、柔らかさが肌に伝わってくる気持ちのよい床です。また、壁はウッドチップペーパーの上にしっくいをローラーで仕上げています。
保温性、吸放湿性をもつ素材で仕上げることにより、身体にやさしい健康な住まいに生まれ変わりました。
完成した今、そこには日々の暮らしをやさしく包み込んでくれるような、ゆったりとした時間が流れています。
■寸評
選ばれた素材に光りが反射し、空気の質が優しい空間です。回遊性がある開放的な空間は、広くとられた掃き出し窓から見える庭と一体となって実際よりかなり広く感じられるのではないでしょうか。居住者の五感を通じて豊かさを感じさせる空間です。
 
 
入賞作品一覧
BACK NEXT